カンボジア旅行の服装は?カンボジア旅行に最適な服装を季節ごとに紹介します

カンボジア旅行

カンボジアは1年を通して気温が高いですが、乾季と雨季があります。

この記事ではカンボジア旅行に適した服装について、乾季と雨季に分けてご紹介します。

カンボジアはどんな気候なのか乾季と雨季の特徴をそれぞれご紹介し、観光地に適したベストシーズンも合わせてご紹介します。

カンボジアの気候

カンボジアの気候は1年を通して気温が高いことが特徴です。

カンボジアはインドシナ半島の南部にあり、熱帯モンスーン気候に属しています。

1年を通して30度を超えるカンボジアは、日本の夏のような気候がずっと続きます。

1年の中で日本のように四季はなく、大きく分けて乾季と雨季があります。

観光客が主に訪れる首都プノンペンとアンコールワットのある観光地シェムリアップは、どちらも気候に大きな違いはありません。

カンボジア旅行での服装

カンボジアは1年を通して気温が高いので、日本の夏の服装で行きましょう。

羽織れる上着があると、早朝の涼しい時間帯や、室内で冷房が効きすぎている時に役立ちます。

カンボジア現地でクロマーを購入するのもおすすめです。

クロマーはカンボジアの伝統的な手織布で、手ぬぐいやストールのようなものです。

寒い時に羽織ったり、頭に巻き付けて帽子代わりにしたり、様々な用途に使用できます。

カンボジアの乾季11月上旬~5月中旬

カンボジアの乾季は11月上旬~5月中旬で、乾季は前半と後半で気候が少し異なります。

前半は雨も少なく、最高気温は25~30度くらいと比較的涼しいので最も過ごしやすい時期です。

しかし後半になると雨季に近づくにつれて暑くなり、3月から次第に暑さが増して4月には酷暑になります。

日中の最高平均気温は35℃で、40℃になることもあります。

外に立っているだけで汗だくになるような気候です。

3月~5月中旬はとくに水分補給や適度な休憩をしましょう。

2月頃からは雨が降り始め、気温も上がってきます。

3月~4月には雨量が増え始め、気温が35度前後になり、暑い時には40度になることもあります。

5月には雨量が一月100mmになり、この頃には気温もさらに上がり蒸し暑くなります。

カンボジア旅行の服装【乾季11月上旬~5月中旬】

紫外線対策グッズとして帽子や日焼け止めは必須です。

カンボジアの乾季は朝晩が肌寒いので、長袖の羽織れる上着が必要です。

カンボジアは☆付のホテルやショッピングモールは冷房がかなり効いているので、羽織れるものがあると便利です。

カンボジアの雨季5月下旬~10月下旬

カンボジアの雨季は日本の梅雨と異なり、スコールで大粒の雨が短時間にまとめて降ります。

日本の梅雨のように1日中雨が降るようなことはほとんどありません。

カフェなどで雨宿りをしているとすぐに雨が上がります。

30度前後と気温が高く、雨も降るので湿度も高いので、じめじめとした暑さです。

5月中旬~6月頃には雨季が始まり、雨量は一月200mmを超え、毎日のようにスコールが降ります。

気温は32~34度になり、蒸し暑く、日本の夏のような気候です。

雨季は10月頃まで続き、10月に入ると気温が下がり始めます。

雨季の際に隣国から陸路で入国する場合には予定がずれることもあるので、余裕を持ってスケジュールを立てましょう。

カンボジア遺跡

カンボジア旅行の服装【雨季5月下旬~10月下旬】

雨季はじめじめとして湿度が高いので、自分で服を洗濯する人は薄くて乾きが良いものを持っていくのがおすすめです。

カンボジア旅行での服装の注意点

遺跡群巡りの際には肌を露出する服装に要注意です。

アンコールワットをはじめ一部の遺跡では、キャミソールやショートパンツなど露出が多い服装だと入ることができないので注意しましょう。

カンボジア旅行のベストシーズンは?

カンボジアを観光するベストシーズンについてご紹介します。

ほとんどの場合は乾季がおすすめ

カンボジアは乾季が観光のベストシーズンです。

とくに11月~1月頃には、最高気温は25度~30度くらいで乾季の中ではそれほど高くなく、雨もほとんど降らないので快適に過ごせます。

雨や雲が少ないので朝日や夕焼けがきれいで、アンコールワットなどの遺跡やビーチでは美しい景色を見ることができます。

カラッとしているので、雨季に比べて汗に悩むことなく観光を楽しめます。

比較的涼しいので、長時間の観光であっても雨季ほど体力を消耗せずに済みます。

ロン島やロンサレム島などのビーチへ行く場合は、乾季の方が気候は安定しているので海も穏やかです。

雨季ならではの良さもある

雨季のカンボジアに訪れても、雨季ならではの良さがあります。

雨季は緑が多く、5月~8月は日が長いので長時間観光を楽しめます。

シェムリアップの近くにあるトンレサップ湖は、雨季になると水の量が増えて最大の大きさになります。

濁った水からきれいな水になるので、訪れるなら雨季がおすすめです。

年末年始、GW、お盆の時期の気候

日本の休暇にカンボジアの気候はどうなっているのか、年末年始、GW、お盆に分けてご紹介します。

年末年始

年末年始はカンボジアの乾季の前半にあたるので、雨が少なく比較的涼しい観光のベストシーズンです。

シェムリアップは観光地なので、年末年始であってもほとんどのお店は開いています。

パブストリートではカウントダウンもあり盛り上がりを見せます。

GW(ゴールデンウィーク)

GWはカンボジアでは雨季の始まりの時期で、1年で最も気温が高くなります。

暑いので、ビーチリゾートを楽しむ場合に適しています。

お盆

お盆はカンボジアの雨季にあたります。

ベストシーズンではありませんが、雨季ならではの良さがあります。

雨季は緑が多い時期なので、緑豊かなカンボジアの景色を見ることができます。

まとめ

カンボジアは1年を通して気温が高く、気候は乾季と雨季に分かれています。

乾季はカラッとしていて雨季よりは涼しく、雨季はじめじめしていて暑くなります。

乾季は紫外線対策グッズが必須で、朝晩が肌寒いので羽織れる上着が必要です。

雨季は湿度が高いので、自分で服を洗濯する人は薄くて乾きが良いものを持っていくのがおすすめです。

遺跡群巡りの際には肌を露出する服装をしないよう注意しましょう。

その時の気候やシーンに合わせた最適な服装で、観光を楽しみましょう。

カンボジアへ旅行の際はビザ申請を忘れずに。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *