カンボジア入国にはビザが必要か?入国の条件やビザの必要有無などをご紹介

この記事ではカンボジアへ入国できる条件についてご説明します。

コロナの影響を受けている現在の入国の条件、基本的な入国の条件、ビザの取得について説明するので、カンボジアへの入国について知りたい人は参考にどうぞ。

カンボジア入国の条件【コロナの影響】

カンボジアへの入国はコロナの影響によって現在制限されていて、入国において以下が必要になります。

  • 事前に取得したカンボジアビザ
  • カンボジア入国後72時間以内に発行された新型コロナウイルスに感染していないことを証明する健康診断書
  • 指定された条件を満たす医療保険

カンボジアの入国の条件【通常時】

通常時において、カンボジアに入国するために満たすべき条件は以下の通りです。

  • ビザ

カンボジアに入国するにはビザが必要です。

以下で詳しくご説明します。

  • パスポート

入国するにはカンボジア入国予定日から6ヵ月以上の残存有効期間が必要です。

  • 税関・検疫で禁止されているものを持ち込まない

税関ではお酒は2L以内、 香水は350ml以内などと定められています。

検疫では、植物、疾患を引き起こす可能性のある生物や肉類などの持ち込みが禁止されています。

カンボジアへ入国するにはビザが必要

カンボジアへ入国するにはどのような目的である場合もビザを取得する必要があります。

カンボジアのビザには目的ごとに種類があり、取得する方法もいくつかあるので、ここからはカンボジアのビザについて詳しく説明していきます。

カンボジアのビザの種類

多くの人が取得するカンボジアの主なビザは「ツーリストビザ」と「ビジネスビザ」の2種類です。

それぞれに共通している点は以下の2点です。

1つ目は有効期限です。

ビザが発給された日から3カ月以内に入国しなければ無効になってしまいます。

ビザを取得するタイミングに注意しましょう。

2つ目は滞在期限です。

入国後の滞在期限は最大1カ月までなので、1カ月以上滞在する場合は追加で申請しましょう。

ツーリストビザ

カンボジアに観光目的で入国する人は「ツーリストビザ」を取得しましょう。

ツーリストビザはさらにシングルビザとマルチプルビザの2種類に分かれています。

シングルビザは有効期間中の入国が1回のみ可能です。

マルチプルビザは、有効期間中の入国は最大で1カ月間の期間内で何度でも可能です。

ビジネスビザ

カンボジアにビジネスなどの目的で入国する場合は「ビジネスビザ」を取得しましょう。

仕事の他、留学、ボランティア活動、長期滞在もビジネスビザを取得します。

カンボジアのビザを取得する方法

カンボジアのビザを取得する方法には複数の方法がありますが、一般的な取得方法である「日本の大使館で取得する方法」と手軽でおすすめの方法である「ネットで取得する方法」

の2種類をご紹介します。

ツーリストビザとビジネスビザの取得方法はどちらも同じです。

日本の大使館で取得する方法

日本の大使館で取得する方法は、最も一般的な取得方法です。

日本のカンボジア大使館もしくは領事館へ行って窓口で取得するという方法です。

申請は本人が来館して申請する他、家族などの代理人が申請することも可能ですが、代理人が申請する場合は、申請書に本人のサインが必要になります。

申請用紙は前もってホームページからダウンロードして、必要事項を記入してから持参するとスムーズに申請できます。

申請できる窓口は以下の5カ所です。

  • カンボジア大使館(東京)
  • 在大阪カンボジア王国名誉領事館
  • 在名古屋カンボジア王国名誉領事館
  • 在札幌カンボジア王国名誉領事館
  • 在福岡カンボジア王国名誉領事間

カンボジア大使館や領事館へ簡単にアクセスできる人や、カンボジアへ行く前に日本で取得しておきたい人におすすめです。

しかしアライバルビザより料金が高い、発給は申請した日の翌日以降になる、窓口の受付時間が限られているというデメリットもあります。

料金について、東京のカンボジア大使館で取得する場合は、観光ビザのシングルで3,900円、ビジネスビザで4,400円です。

名誉領事館で取得する場合は、手数料がさらに500円加算されます。

ネットで取得する方法

ネットで取得する方法は、手軽に取得できるのでおすすめの方法です。

ネットで申請して取得するビザは「e-Visa」と言います。

好きな時間に好きな場所で手軽に申請でき、パソコンの他スマートフォンから申請することもできます。

家にいながら手軽に取得したい人や、カンボジアへ行く前に取得しておきたいけど窓口へ行く時間がないという人におすすめです。

しかしe-Visaはシングルビザのみ取得可能なので取得できるビザが限られる、手数料が6ドルかかる、1カ月以上の延長が不可などのデメリットがあります。

料金については、アメリカドルでの支払いとなり、観光ビザのシングルの申請料金は30ドル+システム料6ドル=36ドルです。

取得の流れは以下の通りです。

  1. パスポート・顔写真のデータ・パスポートの顔写真のページの画像データ・クレジットカードを用意する。
  2. e-Visaサイトへアクセスします。
  3. ビザの種類を確認・選択します。
  4. 個人情報・パスポート情報を入力します。
  5. 入力情報を確認し送信します。
  6. メールで参照番号を確認します。
  7. 申請料金を確認し決済情報を入力します。
  8. 3営業日内にビザがメールで届きます。
  9. ビザが届いたらPDFデータで出入国分2部を印刷します。

カンボジアのビザを取得するのに必要なもの

カンボジアのビザを取得するのに必要なものは以下の通りです。

  • 証明写真:最近3カ月以内に撮影したもので、45mm×35mmのパスポートサイズです。
  • パスポート:カンボジア入国日より起算して、有効期間が6カ月以上残っているものです。
  • 申請書:日本で事前に取得する場合は、申請箇所ごとに用紙が異なるのでホームページからダウンロードするのがおすすめです。
  • 申請料

まとめ

カンボジアには入国できる条件が定められていて、ビザの取得も必要になります。

ビザの取得をはじめ入国の条件について最新の情報を確認することが大切です。

カンボジアへの入国を検討する際は、直前にカンボジアの公式サイトなどで最新の情報を確認しておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *