カンボジアのビザに関して徹底解説|カンボジアへ渡航する際に必要な手順

アンコールワット遺跡などで知られるカンボジアは、入国するのにビザが必要になります。

カンボジアに入国する場合には目的などに関係なくビザの取得が必須とされています。

ここでは初めてカンボジアへ行くという人に向けて、カンボジアのビザについて種類から取得方法まで幅広く解説します。

これからカンボジアへ行く人はぜひ参考にどうぞ。

カンボジアビザの種類

カンボジアビザには2つの種類があり、ツーリストビザとビジネスビザに分かれています。ツーリストビザとビジネスビザには共通して以下の注意点があります。

有効期限はビザ発給日から3 カ月以内となっていて、それまでに入国しないと無効になってしまいます。

カンボジアのツーリストビザ

ツーリストビザはカンボジアに観光目的で滞在する人のためのビザです。

ツーリストビザはさらにシングルとマルチプルの2種類に分かれています。

シングルは有効期間中に入国できるのは1回のみで、マルチプルは有効期間中なら何回でも入国できます。

カンボジアのビジネスビザ

ビジネスビザはカンボジアに観光以外の目的で滞在する人のためのビザで、仕事、留学、ボランティア活動などが当てはまります。

カンボジアビザの取得に必要なもの

カンボジアのビザを取得するために用意すべきものを以下にご紹介します。

  • 証明写真

45mm×35mmのパスポートサイズで最近3カ月以内に撮影したものです。

  • パスポート

カンボジア入国日から数えて、有効期間が6カ月以上あるものです。

「1年間のマルチプルは1年 6カ月の残存日数が必要」というように取得するビザによってさらに残存日数が必要になることがあります。

  • 申請書

提出先のHPからダウンロードできます。

  • 申請料

取得するビザによって異なります。

カンボジアビザの取得方法

カンボジアビザの取得方法を5つご紹介します。

それぞれの取得する手順を解説していくので、自分に合った方法を選んでください。

ビザを空港に着いてから取得する

空港に着いてからザを取得するアライバルビザという方法では、最も安く楽に取得できます。

カンボジアに到着してから空港で取得しますが、取得できる空港はプノンペン空港とシェムリアップ空港となっています。

しかし窓口で並ぶ可能性があります。

そのためアライバルビザで入国する場合には、飛行機を降りたらなるべく早く申請用紙の記入をしましょう。

ビザを取得する流れは以下の通りです。

  1. 申請用紙を記入する
  2. 申請窓口に並ぶ
  3. パスポート・証明写真・申請用紙を提出する
  4. 手数料を支払う

証明写真は申請用紙と一緒に提出するだけでOKなので、貼り付ける必要はありません。

写真がない場合には手数料2ドルを追加で支払ってパスポートの写真をスキャンして使用することも可能です。

ビザはパスポートに貼られます。

念のため受け取ったら自分のパスポートかどうかビザの記載内容をその場で確認するのがおすすめです。

ビザを日本の窓口で取得する

ビザを日本の窓口で取得する場合は、カンボジア大使館もしくは領事館へ行きます。

申請する際は本人が行って申請する他、家族などの代理人が行って手続きをすることも可能ですが、代理人が申請する場合には申請書に本人のサインをする必要があります。

申請用紙は前もってホームページからダウンロードして必要事項を記入してから持参すると手続きがスムーズに進みます。

日本にある窓口は以下の5箇所です。

  • カンボジア大使館(東京)
  • 在札幌カンボジア王国名誉領事館
  • 在大阪カンボジア王国名誉領事館
  • 在名古屋カンボジア王国名誉領事館
  • 在福岡カンボジア王国名誉領事間

ビザを事前に日本で取得しておきたいという人、大使館や領事館へ簡単に行くことができる人にはおすすめです。

ですが空港に着いてから取得するアライバルビザに比べて高く、ビザが発給されるのは申請した日の翌日以降なので日数がかかるというデメリットもあります。

窓口の受付時間も限られているので、前もって確認しておきましょう。

ビザを日本で郵送で取得する

ビザを郵送で取得する場合には、パスポートの原本・証明写真・ビザ申請書・返送宛先を書いたメモを現金書留で送ります。

返送用の封筒は大使館側が用意するので同封しなくて大丈夫です。

日本で前もって取得したいけど、大使館や領事館へ行くことが難しいという人におすすめです。

ですがビザを取得するまでは1週間くらいかかります。

ビザをネットで取得する

カンボジアビザはネットで取得することもできます。

e-Visaというネットで申請して取得できるビザがあり、パソコンやスマホから申請して取得できます。

好きな時間にどこにいても手軽に申請できるので便利な方法です。

取得する流れは以下の通りです。

  1. e-Visaの公式サイトへアクセスする
  2. ビザの種類を選ぶ
  3. 個人情報やパスポート情報を英語で入力する
  4. 入力した内容を確認して送信する
  5. メールで番号を確認する
  6. 申請料金を確認して決済する
  7. 3営業日内にメールでビザが届く
  8. ビザのPDFデータを出入国分2部印刷する

日本で前もって取得したいけど大使館や領事館へ行くことが難しく、パスポートを郵送するのも不安という人におすすめです。

しかし取得できるのはシングルのみで、手数料が6ドルかかり、1 カ月以上の延長ができないというデメリットもあります。

ビザを国境で取得する

カンボジアへは、タイ、ラオス、ベトナムなどから陸路で入国することもできます。

国境でもビザを取得することができますが、陸路の国境でのビザの取得はおすすめできません。

賄賂を要求されることもあり、現地で手配したバスに申請を代行してもらうこともできますがバス会社によっては高額な申請料を請求されることもあります。

まとめ

ここではカンボジアビザについて種類から取得方法まで解説しました。

カンボジアに入国する場合には目的などに関係なくビザの取得が必要になります。

カンボジアビザにはツーリストビザとビジネスビザの2種類があり、取得方法には5つの方法があります。

日本で取得する方法、カンボジアへ着いてから空港で取得する方法、ネットで取得する方法など様々な方法があるので自分に合った方法で取得できます。

これからカンボジアへ行くという人は、ビザの取得にぜひここでご紹介した内容を活かしていただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です