プライオリティパスで利用できるハノイ空港のラウンジ|施設などをご紹介

ラウンジ

「プライオリティパス」は、海外の空港ラウンジを利用できるサービスです。

ハノイ空港のプライオリティパスで利用できるラウンジは2つあり、第1ターミナル(国内線)、第2ターミナル(国際線)で一つずつ利用できます。

この記事では新しくてきれいな国際線第2ターミナルの「SONG HONG BUSINESS LOUNGE」というラウンジについて詳しくご紹介します。

プライオリティパスとは

「プライオリティパス」は、海外の空港ラウンジを利用できるサービスです。

140以上の国、500以上の都市で1,200ヵ所以上の空港ラウンジを利用できる会員サービスです。

空港でのフライトの待ち時間などに、空港内の落ち着いたラウンジで軽食やドリンクを楽しんだり、オフィス設備が整った環境で仕事ができたり、空港で有意義な時間が過ごせます。

プライオリティパスは、楽天プレミアムカードでは年会費無料で取得することが可能です。

セゾンゴールドアメックスで取得することもでき、合計で4000円ほど余計に出費することになりますが、楽天プレミアムカードにはない万全な海外旅行保険を付けることができます。

ハノイ空港のプライオリティパスで利用できるラウンジ

プライオリティパスが使えるラウンジは2つあり、第1ターミナル(国内線)、第2ターミナル(国際線)で一つずつ利用することができます。

プレミアムとビジネスと呼び名が異なり、国際線の方が新しくてきれいです。

今回は国際線第2ターミナルの「SONG HONG BUSINESS LOUNGE」というラウンジについて詳しくご紹介します。

プライオリティパスで利用できるハノイ空港国際線のラウンジは1カ所で「SONG HONG BUSINESS LOUNGE」というラウンジです。

ラウンジは保安検査を通過後にある4階の「ゲート28」の近くにあります。

ハノイ プライオリティパスでラウンジの利用方法

入るとすぐに受付カウンターがあり、ここで搭乗券とプライオリティパスを提示して入場します。

プライオリティパスのバーコードを読み込んで確認されると入場できます。

JCBプラチナの場合、同伴者も2000円(税別)で利用することができ、2人まで入場可能です。

LoungeBuddy(ラウンジバディ)を使うことで、プライオリティパスや航空会社の上級会員資格がなくても、有料でラウンジを利用することができます。

ラウンジ「SONG HONG BUSINESS LOUNGE」の雰囲気

ハノイの「SONG HONG BUSINESS LOUNGE」ラウンジ内は、広く天井も高くて開放的です。

席と席の間に十分なゆとりがあり窮屈な感じがなく、テーブル席もソファー席もゆったりとしていて、のびのび過ごせます。

全体が青と白でまとめられていて明るくてきれいです。

モダンでおしゃれですが、堅苦しくなく落ち着ける雰囲気になっています。

ベトナムカラーである水色のソファーが円形に配置されています。

天井のないオープンエアーなラウンジですが、搭乗フロアとは物理的に隔てられているので、搭乗フロアからのノイズは聞こえることがなく静かです。

軽食・ドリンク・アルコールなどもあり自由に飲食でき、種類も豊富にあります。

ラウンジ内には無料Wi-Fiがあり電波状態も良く、パソコンを利用しているお客さんもいます。

シャワー

ラウンジ内にシャワーも備えられていて、シャワーはトイレの一角に2ブース設けられています。

シャワー利用後ごとの清掃はありません。

タオルやアメニティーはバスケットの中に入っていて、使用済みのタオルは隣の丸いバスケットの中に入れるというスタイルです。

ラウンジのドリンク

ハノイのラウンジ「SONG HONG BUSINESS LOUNGE」の無料で提供されているドリンクについてです。

ドリンクは壁沿いのエリアにあり、種類が豊富です。

コールドドリンクは透明のジャグで色鮮やかに並んでいて、目でも楽しめるような工夫があります。

種類はミルク・アイスコーヒー・アイスティー・フルーツジュース・ヨーグルトなどがあります。

缶入りのソフトドリンク・炭酸系のジュース・ミネラルウォーターもあります。

ティーバッグとお湯のポットも用意されています。

コーヒーマシンもあり、ネスプレッソのようなコーヒーマシンは自動で、泡立てられたミルクも出てきます。

ビールはハノイビール・333・タイガービールの3種類があります。

ライムウォーター、赤ワインやウイスキーもあり、スパークリングワインと白ワインは大きなワインクーラーで冷やされています。

アンコールワット

ラウンジ内のフードメニュー

ハノイの「SONG HONG BUSINESS LOUNGE」はフードメニューも充実しています。

軽食というよりしっかり食べられるような食事のメニューとなっています。

フードメニューは、ベトナムらしい料理もあり、ベーシックな料理も並んでいます。

ハノイ名物の「揚げ春巻き」や「生春巻き」などがあります。

セルフ形式でフォーも食べられて、薬味やタレも揃っています。

器の中にフォーと牛肉がセットされていて、そこに自分でスープを注ぎます。

サーモンのにぎり寿司や巻き寿司もあり、巻き寿司は1種類が「ベジタブル寿司」になっているのでビーガンの方も安心です。

その他に、白いご飯、ゆで卵やポーチドエッグ、パスタとパスタソース、パンが2種類、サラダ、チーズとハムもあります。

ラウンジ内のデザート

ラウンジにはフルーツやミニスイーツなどのデザートメニューもあります。

デザートは中央の丸いカウンターに置いてあります。

フルーツは、パイナップル・ドラゴンフルーツ・スイカ・バナナの4種類があり、どれも食べやすいサイズにカットしてあります。

ミニスイーツは、シュークリーム・バナナチョコレートケーキ・パッションフルーツムース・ムースケーキの4種類です。

どれも小さめで、2口サイズくらいのサイズです。

まとめ

ここまで、ハノイ空港のプライオリティパスで利用できるラウンジについてご紹介しました。

「プライオリティパス」は、海外の空港ラウンジを利用できるサービスです。

プライオリティパスで利用できる、新しくてきれいな国際線第2ターミナルの「SONG HONG BUSINESS LOUNGE」というラウンジは、ゆったりくつろげるスペースとなっています。

シャワーがあり、安定したWi-Fi環境もあるのでパソコンで仕事をする際にも適しています。

ドリンクやフードメニューも充実していて、ベトナム料理やその他ベーシックなメニューも用意されていて、スイーツもあります。

プライオリティパスで、ハノイ空港の快適なラウンジをぜひ利用してみてください。

また、ベトナムに入国する際はビザ申請をお忘れなく。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *