ベトナム旅行・必須持ち物チェックリスト|これだけは絶対忘れずに持っていこう

ベトナム持ち物

ベトナムへ行くことが決まっても、「何を持って行けばいいのかな?」と迷う人もいると思います。

その国によって環境はそれぞれ違っているので、行ったことのない国への旅行では何を持って行けばいいのか悩みますよね。

ここではベトナムへ旅行するときに「これさえ持っていけば大丈夫」という最低限の持ち物をご紹介します。

これだけは持っていこう!必須持ち物チェックリスト

ベトナムへ行く際に必ず持っていくべき持ち物をリストにしました。

  • パスポート
  • ビザ
  • 航空券
  • 現金
  • クレジットカード
  • 海外旅行保険の書類

このリストにあるものは、持って行かないと「国に入れない」ということにもなる絶対に忘れてはいけないものなので、必ず持っていきましょう。

パスポート

海外へ行くときに絶対に持って行かなければいけないのがパスポートです。

パスポートを忘れてしまっては、ベトナム行きの飛行機に乗ることもできません。

海外旅行に行くときにパスポートを忘れるなんてことはないだろうと思うかもしれませんが、空港などで働いている人の話によるとパスポートを忘れる人はたまにいるそうです。パスポートを忘れる可能性はゼロではないので、絶対に忘れないようにしましょう!

パスポートの有効期限にも要注意です。

ベトナムへ入国するには、有効期限が6カ月以上必要なので、自分のパスポートをチェックしておきましょう。

パスポートのコピーもあると便利

パスポートのコピーは必須ではありませんが、持って行くことをおすすめします。

もしベトナムでパスポートを無くしてしまった場合には、大使館でパスポートを再発行するための手続きをしなければなりません。

そんなときに自分の身分を確認してもらうために、パスポートのコピーがあると安心です。

またベトナムのホテルでは、チェックインしたときにパスポートを預けるよう要求されることが結構多くあります。

パスポートを預ける理由は、部屋のものを盗んだりして逃げる客がいるのでそれを防ぐための対策です。

このとき、法律的には本物のパスポートを預けなければならないということはありません。

基本的にはちゃんと返してくれますが、外国でパスポートを預けるというのが不安な人もいると思います。

その場合に、預けるのは本物のパスポートではなくパスポートのコピーでも大丈夫である場合もあります。

ビザ

ビザはベトナムに長期間滞在するという場合に必要になり、15日以上の長期間滞在する場合にはビザが必要です。

ベトナムからカンボジアなどへも観光しに行って周遊して戻ってくるというような観光プランを計画している人も、ベトナムのビザを取得する必要があります。

ベトナムは15日までであればビザなしで滞在できるので、短期間での旅行ならビザは必要ありません。

ベトナムの入国管理官にパスポートを見せるだけでベトナムへ入国できます。

ベトナムはビザなしで入国したという場合には、30日間はビザなしでの再入国ができなくなるので注意しましょう。

ベトナムのビザは1カ月や3カ月のものがあり、また空港で取得できるアライバルビザもあります。

ビザは日本にあるベトナム大使館の他、他の国にあるベトナム大使館でも取得できます。申請する場所によって取得できるビザの種類やかかる料金が変わってくることもあります。

関連記事:ビザの申し込みがわからない?ベトナムビザの申請書の書き方、記入例をご紹介

航空券

飛行機の航空券も、飛行機に乗るために必須の持ち物です。

ベトナム行きの航空券がなければ出発できませんし、ベトナムへ入国するときに母国へ帰国する航空券もしくは第三国へ出国する航空券を提示するよう求められることもあります。

航空券は印刷しておかなくても、スマホがあれば電子航空券でも大丈夫です。

空港にもフリーWi-Fiがあるのですが、使用者が多いせいで回線のつながりが遅いこともあるので、電子航空券はPDFなどでダウンロードして、オフラインでも見えるようにしておくのがおすすめです。

陸路などで他の国へ旅行するという人は、聞かれたらそのことをスタッフに話しましょう。

現金

ベトナムは現金社会なので、現地で使うために現金のお金はいくらか用意しておきましょう。

ですが基本的に現金で盗難などにあった場合には保証がされません。

日本から現金を大量に持ち込んだ場合に、もしベトナムで盗まれてしまった場合には大変です。

ベトナムでは凶悪犯罪は少ないですが窃盗などは多いので、治安を考えると大量の現金を持ち込むのは不安があります。

過ごすのに必要な金額を計算しておいて必要以上の現金は持ち込まないようにしましょう。

ベトナムの物価はかなり安く、バックパッカースタイルで旅する人であれば1カ月の滞在でも5万円くらいで生活することもできるほどなので、多額の現金は必要ありません。

ベトナムのお金「ドン」を用意する場合には、日本円をベトナムに持ち込んで、ベトナムに着いてから両替するほうがレートはよくなります。

ホテルや空港、銀行のほか「金行」と言われる金の売買をしているお店もあり、こちらはとくにレートがいいので、海外旅行に慣れている人はこちらを利用する方法もあります。

現金

クレジットカード

クレジットカードは現在では旅の必須アイテムとなっています。

現金社会であるベトナムでもクレジットカードは持っていくべきです。

現地で現金を確保するための手段としてクレジットカードが使えるので、持っていくのがおすすめです。

クレジットカードを持って行ってベトナムで現金を調達するようにすれば多額の現金を持って行かなくて済みます。

クレジットカードのキャッシングというと悪いイメージを感じる人もいるかもしれませんが、使い方次第で利息や手数料を数円単位にまでおさえることができる方法もあるので、実は結構お得に使えます。

ベトナムでは、国内にある全てのATMでキャッシングができ、現地通貨を確保することができます。

使えるクレジットカードのブランドはVISAもしくはMASTER CARDです。

海外旅行保険の書類

海外旅行保険に入っていて、万が一病院に行くことになったとき、保険を利用する場合には書類を提示する必要があります。

書類がないと保険が適用されないので、書類などを忘れないようにしましょう。

海外では医療費は高額になりがちなので、海外旅行保険には入っておくことをおすすめします。

海外で病院へ行くと医療費がとても高額で数百万円にもなることがあります。

もしものときに備えて海外旅行保険には入っておきましょう。

海外旅行保険では、旅行中に病気になったときや物を盗まれたときなどに保証してもらえるというものです。

ベトナムも他の外国と同じように、病気やケガをした場合には言葉の通じる外国人向けの病院へ行くことになりますが、このような病院は治療費が高くなります。

単な治療であっても万単位かかることもあるような高い治療費も、海外旅行保険があれば保険会社が支払ってくれるので安心です。

エポスカードなど、クレジットカードの中には、海外旅行保険がついているものもあります。

まとめ

ベトナムへ旅行するときに必ず持っていきたい最低限の持ち物をご紹介しました。

その国によって環境はそれぞれ違っているので、ベトナムをはじめ行ったことのない国へ旅行するとなると何を持って行けばいいのか悩むと思います。

ベトナムへ行くことが決まって何を持って行けばいいか迷っているという人は、ぜひここでご紹介した内容を旅行の準備に活用してみてください。

しっかり準備をして、ベトナム旅行を楽しんできてください。

関連記事:ベトナム旅行お役立ち記事一覧

ベトナムビザはお持ちですか?

ベトナムへの入国の際は、お持ちのパスポートの期限や、ベトナムでの滞在期間によってビザが必要になることがあります。

ビザがないと、せっかく予約した飛行機やホテルに関係なしに、空港のカウンターで止められたり、現地の関税で入国を拒否されたりする場合があります。

著者も実は家族苦い経験をしたことがあります。家族と一緒にベトナム・ダナンに旅行を計画しており、ホテルも、飛行機も予約ばっちりでした。

しかし私のパスポートの期限が迫っており、ベトナムにはビザが必要だったことに気づいたのは出発の前日、しかも土曜日なので何もできることはなし。結局空港のカウンターで搭乗ができないと伝えられ、旅行は台無し。家族に大変残念な思いをさせてしまいました。その時、すぐにベトナムビザが取得できるサービスがあったなら・・・

Visa-online.jpは、まさにそんなビザをすぐに必要とされている方、オンラインでビザを取得したい方々のためのサービスで。

完全オンラインで、パスポート原本を送る必要もなし。ベトナムビザならつうじょう2営業日、最短4時間で観光ビザ・マルチビザの取得が可能です。是非ご活用ください。

ベトナム ビザ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です