ベトナム最大の観光島!フーコック島への魅了、行き方とおすすめホテル8選

目次

ベトナム

ベトナムは世界遺産の街やハロン湾などが観光地として有名ですが、「ベトナム最後の楽園」と呼ばれる「フーコック島」があります。

まだ広く知られていないフーコック島ですが、すてきなリゾートホテルがたくさんあります。

このページでは、そんなフーコック島への行き方をご紹介するとともに、8つのおすすめホテルをご紹介します。

フーコック島はこんなところ

「ベトナム最後の楽園」と呼ばれるフーコック島はまだ広く知られていないこともあり、日本人の観光客に会うことはほとんどありません。

フーコック島はベトナムで唯一、海に沈む夕日が見れる場所です。

フーコック島のホテルは海の近くにあることが多いですが、島の西側か東側かという位置は要チェックです。

西側なら海に沈む夕陽が見られますが、東側では見られないからです。

ぜひ西側のホテルに宿泊して、海に沈む夕日を眺めましょう。

フーコック島にあるおすすめのスポットとして、ギネスにも登録されている「世界最長の海上ケーブルカー」があります。

世界最長というだけあって、片道なんと45分という長さです。

フーコック島にあるもう一つのおすすめのスポットとして「ナイトマーケット」があります。

島の中部で毎晩やっていて、新鮮な海産物を焼いたものが売っていて、日本で人気のたこ焼きも売っています。

食べ歩きにぴったりで、一人でも誰かと一緒でも楽しめるナイトマーケットです。

フーコック島への行き方

フーコック島へ行く場合は、まず日本から飛行機でベトナムのホーチミンもしくはハノイへ行き、それから飛行機でフーコック島へ行きます。

日本からホーチミンやハノイへ行くのにかかる時間は6時間です。

ホーチミンからフーコック島へ行く場合は約1時間、ハノイからフーコック島へ行く場合は約2時間かかります。

フーコック島へのホーチミン経由での行き方

フーコック島へ1時間と短時間で行けるホーチミン経由での行き方について、詳しくご説明します。

  1. 日本からベトナムのホーチミンへ

まず日本から飛行機でベトナムのホーチミンへ行きます。

ホーチミン空港に到着したら、入国手続きをして、預けたスーツケースなどの荷物を受け取りましょう。

  • 国内線ターミナルへ移動

ホーチミン空港からフーコック島への国内線へ乗り継ぐために、まずはターミナルを移動します。

フーコック島への国内線ターミナルを目指して、10分くらい歩きます。

一度外に出てから移動することになりますが、屋根のあるところを歩いて行けます。

  • ホーチミンからフーコック島へ

国内線ターミナルへ到着したら、再び荷物を預けて飛行機でフーコック島へ出発です。

約1時間で到着します。

宿泊するホテルのバスが空港まで迎えに来てくれることがほとんどです。

迎えに来てくれるか一応ホテルに確認しておきましょう。

フーコック島のおすすめホテル8選

フーコック島にあるおすすめのホテルを8つご紹介します。

ソル ビーチ ハウスフーコック

「ソル ビーチ ハウスフーコック」はスペインのリゾートブランド「メリアホテルズ インターナショナル」が運営しているホテルです。

カリビアンスタイルのホテルで、陽気な雰囲気があります。

客室は5つのカテゴリーに分かれていて、海をイメージした爽やかな色合いです。

夜は曜日ごとに変わるライブミュージックが流れます。

明るい雰囲気のホテルで過ごしたいという人にぴったりです。

フュージョンリゾートフーコック

「フュージョンリゾートフーコック」はダナンで人気の「フュージョン」グループが運営しているホテルです。

ホテル滞在中は毎日スパを受けることができます。

朝食は時間が決まっている場合がほとんどですが、フュージョンリゾートフーコックでは「いつでも」「どこでも」食べることができる自由なスタイルです。

客室は通常のお部屋でも128㎡の広さがあり、ゆったりと過ごせます。

全室プライベートプール付きです。

サリンダ フーコック アイランド リゾート&スパ

「サリンダ フーコック アイランド リゾート&スパ」は、ロングビーチ沿いにある落ち着いた雰囲気のリゾートホテルです。

ロビーは白を基調とした吹き抜けとなっていて開放感があり、リゾート感を演出しています。

客室はビルディング棟とヴィラタイプに分かれていて、一番下のカテゴリーでも43㎡~の広さでゆったり過ごせます。

椰子の木越しに美しいビーチを眺められるインフィニティプールがあります。

ロビーラウンジは天井が高く開放感があり、生演奏が楽しめます。

JWマリオット フーコック エメラルドベイ

「JWマリオット フーコック エメラルドベイ」は世界的に有名な建築デザイナーである「ビル・ベンズレー」が手掛けた最高級のホテルです。

ホテルを「大学のキャンパス」に見立てるという斬新なコンセプトで作られています。

客室を備えた1つのビルは「生物学」、レストランは「建築学」、バーは「化学」といった様に、それぞれユニークなデザインです。

ホテル周辺は手付かずの大自然に囲まれています。

中心地までは離れていますが、敷地内に世界遺産であるホイアンの町を模したショッピング施設があり、ホテル施設内だけでもショッピングが楽しめます。

ザ シェルズ リゾート & スパ フーコック

「ザ シェルズ リゾート & スパ フーコック」は5つ星ホテルで、名前の通り建物が「貝殻」の形をしているユニークなホテルです。

本館にある客室の他、ヴィラタイプのお部屋がガーデンに散りばめられています。

ヴィラタイプの部屋は白を基調にして木材が使われていて落ち着いた雰囲気のお部屋です。

本館にある客室は全ての部屋がオーシャンビューとなっています。

白と木を基調とした客室は最低でも75㎡の広さがあります。

リゾート内は設備が充実していて、レストランやスパもあります。

ノボテル フーコック リゾート

「ノボテル フーコック リゾート」は有名なインターナショナルブランド「ノボテル」が2016年1月にオープンしたカジュアルなリゾートホテルです。

ビルディング棟とヴィラタイプに分かれていて、ファミリーやカップルなど様々なお客様に合わせた客室があります。

客室は木が使われていながらモダンで明るい雰囲気になっています。

ビルディング棟の角部屋である「スーペリアスイート」は、とくに眺めが良いです。

海まで続く蓮池があり、ベトナムらしさが感じられます。

テニスコートや自転車レンタルもあり、アクティビティも充実しています。

フーコック国際空港から約15分というロケーションにあり、アクセスも便利です。

まとめ

このページでは、フーコック島への行き方と、8つのおすすめホテルをご紹介しました。

まだ広く知られていないフーコック島は「ベトナム最後の楽園」と呼ばれていて、すてきなリゾートホテルがたくさんあります。

ぜひこのページを参考に、フーコック島のすてきなホテルを選んでいただければと思います。

Share on whatsapp
WhatsApp
Share on facebook
Facebook
Share on email
Email
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn

最新のブログ記事

各国ごとの記事