ベトナム・ハノイの名物「ブンチャー」とは?おすすめの店4選

ベトナム料理といえばフォーを思い浮かべる方が多いかと思いますが、北部の中心地ハノイにはフォーと同じくらい有名でよく食べられている麺料理「ブンチャー」があります。

ハノイ発祥のつけ麺であるブンチャーは肉やハーブの入った甘酸っぱいスープが特徴的です。

ハノイを歩くと、あちこちにブンチャー店があります。

この記事では、ブンチャーについてご紹介するとともに、ブンチャーが食べられるおすすめの店を4つご紹介します。

ハノイでブンチャーを食べる店を選ぶ際に、ぜひ参考にしてみてください。

ブンチャーとは

ブンチャーはベトナム北部にある都市ハノイの名物で、ベトナム風のつけ麺です。

ブンチャーは炭火で焼いた豚肉や肉団子がたっぷり入った甘めのスープに、「ブン」という麺や揚げたての春巻きを沈めて食べます。

ブンチャーはフォーと同じようにベトナムでよく食べられていて、スーパーでもインスタントヌードルとして売っています。

具材

ブンチャーは、細い米麺「ブン」や炭火で焼いた豚肉、肉団子、たけのこなどが入った甘酸っぱいスープ、ベトナム料理に欠かせないミントやシソなどのハーブ類がセットになっています。

テーブルにはしょうがや赤唐辛子が備え付けてあるので、スープの味を変えたいときに使います。

ブンチャーの食べ方

ブンチャーはつけ麺のように、麺をスープにつけて食べる料理です。

細い米麺「ブン」を肉が入った甘酸っぱいスープの中に入れ、お好みでハーブを適当な大きさにちぎって入れて、一緒に食べます。

甘辛く炒めた豚肉と一緒に味わうブンチャーは、ハーブをスープに加えることでまた違ったおいしさが味わえます。

フォーとの違い

ブンチャーとフォーには異なる点がいくつかあります。

ブンチャーとフォーの大きな違いは、食べ方にあります。

フォーはラーメンのようにスープに麺が入っていますが、ブンチャーはそうめんやつけ麺のように麺をスープにつけて食べます。

フォーのスープは肉のうま味が効いたやさしい風味ですが、ブンチャーのつけだれは酸味や甘みがあります。

フォーは平らな米粉麺ですが、ブンチャーの麺はそうめんのような極細の米粉麺です。

そのためブンチャーとフォーは、原料は同じでも食感が異なります。

ブンチャー店の人気メニューの揚げ春巻き

ブンチャー店には定番人気メニューの「ネム」という揚げ春巻きがあります。

揚げ春巻きはそのまま食べるとパリパリの皮がおいしく、甘酢スープに浸して食べると皮がしんなりとしてまた違ったおいしさが味わえます。

ブンチャー

ブンチャーが食べられるハノイでおすすめの店4選

ハノイでブンチャーが食べられるおすすめの店を4つご紹介します。

ブンチャーの本場ハノイにはブンチャー専門店がたくさんあり、地元の人たちは誰もが行きつけの1軒をもっているそうです。

それぞれ店によって味が異なるので、食べ比べてみるのもおすすめ。

ダック・キム

旧市街にある「ダック・キム」は知名度がトップレベルのブンチャー店です。

ヌックマム(魚醤)をベースにしたつけ汁は、甘じょっぱい味をしていて、スライスした青パパイヤやニンジンが入っています。

このつけ汁にブンを入れて、その他に炭火で焼いた豚バラ肉や肉団子、野菜、ハーブを入れていただきます。

ブンチャーはつけ汁と豚肉が味の決め手になりますが、ダック・キムのつけ汁は、ほんのり甘いあっさりとしたつけ汁です。

肉団子は小さなハンバーグのようで、豚肉は甘辛いタレで焼いてあります。

フーン・リエン

「フーン・リエン」は、第44代アメリカ合衆国大統領を務めたバラク・オバマ氏が訪れたことで、いっきに人気になったブンチャー店です。

「フーン・リエン」はハノイ旧市街から少し離れていて、ホアンキエム湖南端から歩いて15分ほどのところにあります。

店内にはオバマさんの写真が飾られていて、メニューにもオバマさんの写真が貼られています。

「コンボ・オバマ」というセットがあり、これは名前通りオバマさんがオーダーしたものと同じ組み合わせのメニューです。

「コンボ・オバマ」は、ブンチャー、揚げ春巻き、ハノイビアがセットになっています。

ブンチャーのつけ汁は、甘味がしっかりとあります。

しかし酸味がきいているので、さわやかな味わいになっています。

フーン・リエンは揚げ春巻きがおいしいことでも有名なお店で、海鮮の旨味たっぷりの揚げ春巻きが味わえます。

チン・ムオイ・サオ

チン・ムオイ・サオは「ブンチャーが食べたいけど、それ以外のベトナム料理も食べたい」という人におすすめなお店です。

ブンチャーは籠に盛り付けられていて、見た目も味も上品です。

つけ汁は甘味と酸味のバランスがよいさわやかな味わいで、ブンと豚肉、野菜を入れて食べます。

肉団子と豚肉は甘辛いタレで味付けされているので、つけ汁につけずにそのまま食べてもおいしいです。

ブンチャーのボリュームはブンチャー専門店に比べて少なめです。

ブンチャーは味もあっさりとしていて、他の料理と一緒に食べても主張しすぎない控えめな味わいのブンチャーです。

揚げ春巻きの種類は豊富で、野菜の揚げ春巻きや海鮮の揚げ春巻きもあります。

ニューデイ

「ニューデイ」はベトナムの大衆食堂で、観光客にも地元客にも人気があります。

豊富なメニューがあるので、様々なベトナム料理を楽しみたい方におすすめです。

ニューデイのブンチャーは専門店に比べると量が少なめで、ほかの料理を一緒にオーダーしても食べられる量です。

肉団子はハンバーグのようで、ニラやネギが入っています。

揚げ春巻きもエビの旨味がしっかりとあります。

地元のお客さんはコムディアという、店内の惣菜コーナーでご飯に好みの具材を盛り付けるものをよく注文しています。

まとめ

ベトナム・ハノイには、フォーと同じくらいよく食べられている麺料理ブンチャーがあります。

ハノイ発祥のつけ麺ブンチャーは、肉やハーブの入った甘酸っぱいスープに麺をつけて食べます。

ハノイのあちこちにブンチャー店があり、それぞれ店によって味が異なります。

ハノイでブンチャーを食べにいく際には、ぜひ今回ご紹介したおすすめ店にも訪れてみてください。

また、ベトナムへの旅行の際は、是非ビザの申請をお忘れなく。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *