ベトナムで英語は通じる?ベトナム旅行前に知っておくと便利なベトナム人の公用語のはなし

ベトナム 英語

ベトナムへ旅行やビジネスで訪れる方にとって、現地でどれぐらい英語が通じるかというのは気になることろです。

ここではベトナムでどれほど英語が通じるのか?どんなところでは通じやすいのか?英語の特徴など、訪問前に知っておくと便利な情報をご紹介します。

ベトナムで英語は通じるのか?

ベトナムの公用語はベトナム語ですが、英語は通じるのでしょうか?ここではベトナムにいるベトナムの人の英語力の背景からご紹介し、ベトナム人がどの程度英語が使えるかどうかをご紹介します。

ベトナム人の英語力

イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社は世界88ヵ国を対象とした、「英語能力ランキング」というものを発表しております。

それによると、日本は88ヶ国中49位と能力レベルが「低い」と分類される中、ベトナムは41位と「標準的」とランクインしています。日本より英語力が高いことは確かです。

英語力
https://www.efjapan.co.jp/epi/

しかし、ベトナムでは英語ができないと、高収入の仕事につけなかったり、社会一般的な外資系のような条件が良い会社に就職が難しくなります。

なのである程度学があり、かつ生活水準が平均以上のベトナム人は英語が生活に不可欠であり、ほとんど英語を喋れると思ってもよいでしょう。

ベトナム人の英語教育

ベトナムでは小学校から英語教育が必須科目となっています。日本では2020年からですが、ベトナムではもっと昔から小学校の必須科目に英語があります。

また、ベトナム公用語のベトナム語もアルファベットで構成されていることから、英語を学ぶ際もとっつきやすく、多くの教育を受けた人はある程度英語がわかります。

特にベトナムでの富裕層は子供を上記の条件が良い会社に入れるために、幼少期から熱心な英語教育を行っています。

ベトナムへ観光客の伸び

さらにベトナム人の英語の能力向上を後押しているのが、近年のベトナムへの海外観光客の伸びです。

国営ベトナムニュースによると、ベトナムへの観光客の伸び率は2017年東南アジア首位と報告しており(参考)、世界観光機関の調べによると、17年にベトナムを訪れた外国人観光客は約290万人で、前年同年対比29.1%と大きく伸びています。

https://asia.nikkei.com/Spotlight/Cover-Story/Japan-gets-more-than-it-bargained-for-with-tourist-boom

この急激に増え続けるベトナムへの外国人観光客が、観光業で稼ぐベトナム現地の人たちに英語の必要性を高め、ベトナムでの英語の通じやすさを後押ししています。

また公共の機関や施設でもこういった背景で急激に英語化が進んでいます。

ベトナムで英語が通じる場所

とはいってもベトナムでは英語が通じやすい場所と通じにくい場所があります。ここでは比較的ベトナムで英語が通じやすい場所をご紹介します。

市内のカフェやレストラン

ベトナムレストラン

意外かと思われるかもしれませんが、ベトナム市内の多くのカフェやレストランでは英語が通じる傾向があり、英語のメニューなども揃っています。(そもそもベトナム語もアルファベットなので、ある程度料理の名前は想像がつくことがあります。)

外食が発達しているベトナムでは、外国人や観光客を含むレストランなどの多くの人が訪れ英語は通じやすいです。

またカフェなども今どきの大学生(前記の通り大学生であればほとんど英語が通じる)が頻繁に来店することから英語が通じやすい傾向にあります。

観光・ビジネスホテル

ベトナムホテル

観光客が訪れるホテルや、外資系企業の社員が止まるようなビジネスホテルでは英語は問題なく通じます。外資系企業などであれば英語を話せないと雇ってもらえない場所などもあり、英語も問題は皆無でしょう。

しかし、フロントやホテル内レストラン以外の、メイドさんなどは英語が通じないこともあるので注意しましょう。

その他観光エリア

ベトナム寺

その他観光客が主に訪れえる有名観光地や、施設などはそのようなお客を相手しているので英語表記・英語が話せる場合がほとんどです。

ツアーガイドさんや、場合によってはガイド用の携帯翻訳機なども渡されることもあります。こういった場所で英語も心配は無用でしょう。

ベトナムで英語が通じない場所

ある程度英語が通じるベトナムですが、中には英語が通じにくいところもあります。ここでは英語が通じにくい場所をご紹介しますので、ご旅行に際に是非ご参考にしていただけば幸いです。

市外やローカルな場所

ベトナム田舎

市内や都心部では英語が通じることが多いですが、やはり日本とも同じでちょっと市外から離れた郊外や、ローカルな場所では英語が通じにくいです。

特により郊外に行くと、まともに学校に行けなかった人などもいるので、いくら義務教育で英語があるとはいえ、全く英語に触れてきてない人などもいます。

郊外などに行くときはベトナム語が喋れる通訳の人やツアーガイドさんに同行してもらうことをお勧めします。

ミニホテルや星なしホテル

ベトナム宿

いくらホテルが観光客を相手にしているとはいえ、個人で経営しているようなミニホテル・宿、または比較的小規模な星なしホテルなどでは英語が喋れる人がいないため英語が通じないことが多々あります。

多くの場合のローカルに根差した場合が多いので、大手ネットなどで予約できるホテルなどには心配ないですが、あまりにも小さそうなホテルは注意したほうがよさそうです。

逆に海外のバックパッカーなどを相手にしたシェアハウスなどはコミュニケーションを売りしていることから、英語が喋れる外国人が運営していたり、英語が喋れるオーナーさんがおり、英語が通じることがります。

マッサージ師・セラピスト

ベトナムマッサージ

高級ホテルなどでは英語は通じますが、そこでマッサージサービスを頼んだときに担当してくれるマッサージ師さんや、セラピストさんは現地の人である場合も多く、英語が通じない時が多いです。こては市内のマッサージ店などでも同様で、受付の人は英語が喋れますが、実際にマッサージを行う担当者は全く英語がダメな場合もあります。

そもそも、そういった場合英語が必要になることがそこまでありませんが、何かを必要となった時はボディーランゲージを最大限に使って伝えたり、英語が喋れる担当者を呼びましょう。

警察やタクシー運転手

ベトナムタクシー

意外かもしれませんが、ベトナムでは警察官やタクシーの運転手は英語がわからないケースが多いです。

警察官の方にはめったにお世話になったりしないと思いますが、ベトナム旅行でタクシーを頻繁に使用したいという方は多いかと思うので、ベトナム旅行では少々苦労する場面です。

英語が使えないタクシー運転手さんにあたってしまったときは、地図やスマホなどを用いて指差し指示を行ったり、目的地などのはっきりというなどを意識しましょう。

賃料交渉などは英語が通じないと大変かと思うので、きちんとメーターなどが動いていることを確認しましょう。

また、ベトナムではUberのようなシェアライドサービス「Grab」が浸透しており、便利です。このアプリがあれば事前に目的地も指定でき、料金も事前に表示されアプリから支払いができるので、面倒な会話や交渉は一体不要になります。是非ご活用しましょう。

ベトナム人の英語の発音の特徴

ベトナムで英語がある程度使えるとはいえ、どの国にもその国独特の訛りは必ずあります。ベトナムの訛りを理解すれば、よりベトナム人が喋っている英語が理解しやすくなる可能性があるので、是非ポイントを覚えておきましょう。

母国語なまり

ベトナム公用語のベトナム語はアルファベットで構成されています。これは便利な一面がありますが、ベトナム人が英語を話す場合にはベトナム語の発音の仕方などを英語の引き継いでしまうので、英語もベトナム語のようにかなり訛って聞こえます。

これは様々な発音で発見することができ、例えばある音が落ちてしまったり、他の音を使って英語を話す時があります。

初めてベトナム人が話している英語を聞いた人にとっては最初はかなり聞きづらいこともありますが、ゆっくりとクリアに話してもらったり、何度も聞き直すことをためらわず行いましょう。

あちらも第二カ国語なので、そういった思いやりはあります。

語尾にある子音を発音しない

ベトナム人が喋る英語の中で特にわかりにくくしているのが、ベトナム人の英語は語尾に子音がある場合それを発音しないということです。

例えば、「Shop」(店)などの単語の場合、日本語や英語では「ショップ」となりますが、ベトナム人が喋る英語の場合、最後の子音が落ちて「ショッ」となることがあります。

ベトナムではこういった破裂音が不得意な方が多いので、ちょっと意識するだけでかなり英語を聞き取りやすくなることがあります。

ベトナム旅行で英語を使って楽しもう

ベトナム英語

ベトナムで英語が通じるか通じないかということでしたが、結論ほとんどの場合英語はある程度通じ、そこまで苦労することがないかと思います。

普段ベトナム旅行中に過ごす、空港・ホテル・レストラン・観光地などでは英語が使えるケースが多いです。しかしご紹介した通り、ちょっとローカルな場所に行く際は注意が必要です。

またタクシーは英語が通じないケースが多いので、地図などを準備するか、ご紹介したライドシェアアプリを活用してみるものよいアイディアでしょう。

さらにベトナム人が話す英語の訛りの特徴をある程度頭に入れておくことで、英語の理解度がぐとっと高まります。是非今回ご紹介した記事でよりベトナム旅行を楽しんでいただければ幸いです。

ベトナムビザはお持ちですか?

ベトナムへの入国の際は、お持ちのパスポートの期限や、ベトナムでの滞在期間によってビザが必要になることがあります。

ビザがないと、せっかく予約した飛行機やホテルに関係なしに、空港のカウンターで止められたり、現地の関税で入国を拒否されたりする場合があります。

著者も実は家族苦い経験をしたことがあります。家族と一緒にベトナム・ダナンに旅行を計画しており、ホテルも、飛行機も予約ばっちりでした。

しかし私のパスポートの期限が迫っており、ベトナムにはビザが必要だったことに気づいたのは出発の前日、しかも土曜日なので何もできることはなし。結局空港のカウンターで搭乗ができないと伝えられ、旅行は台無し。家族に大変残念な思いをさせてしまいました。その時、すぐにベトナムビザが取得できるサービスがあったなら・・・

Visa-online.jpは、まさにそんなビザをすぐに必要とされている方、オンラインでビザを取得したい方々のためのサービスで。

完全オンラインで、パスポート原本を送る必要もなし。ベトナムビザならつうじょう2営業日、最短4時間で観光ビザ・マルチビザの取得が可能です。是非ご活用ください。

ベトナム ビザ

関連記事:ビザの申し込みがわからない?ベトナムビザの申請書の書き方、記入例をご紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です