ベトナム旅行の最適の服装は?ベトナム旅行を楽しむ為に地域や季節ごとの服装を紹介

ベトナムは基本的に暑いですが、上着が必要になることもあります。

寺院へ行く時には露出に気をつけなければなりません。

この記事ではベトナム旅行に適した服装についてご紹介します。

地域や季節ごとの服装や、ベトナムのファッション傾向についてご紹介するので参考にどうぞ。

ベトナム旅行の基本的な服装は夏服

ベトナムは暑いので、ベトナム旅行の服装は基本的に夏服です。

朝晩は寒くなることがあるので、羽織れる上着を用意しましょう。

レストランやカフェなど室内の冷房が強いことがあるので、1枚上着を持っておくと安心です。

靴?サンダル?

暑い時期は涼しいサンダルを履きたくなると思います。

しかしベトナムの都市では道にゴミを捨てる人が多くいるので、すぐに道路が清潔でないことも多いのです。

涼しさを優先したい場合はサンダル、清潔さを優先したい場合は靴を選びましょう。

ベトナムは紫外線に注意

赤道に近いベトナムは紫外線がかなり強く、薄着で外にいるとすぐに日焼けしてしまいます。

気になる人は日焼け止めや防止、長袖など日焼け対策もしましょう。

寺院は露出のない服装で

寺院へ行く時は露出の少ない服装にしましょう。

寺院は神聖な場所なので大きな露出は禁止で、短パンだと巻きスカートのようなものを履くよう指示されることがあります。

寺院へ行く場合は、あまり露出しないような服装を選ぶようにしましょう。

急遽寺院へ行くことになった場合に備えて、ストールを1枚持っておくと安心です。

ベトナム女性のファッション

ベトナムの女性のファッションはカジュアルな装いで、足元はサンダルなどラフな靴を履いています。

服装は体のラインがきれいに見えるようなピタッとしたものが人気です。

ベトナムではタンクトップなど露出の多いファッションが禁じられているというわけではありません。

しかしベトナムでは極端に露出の多いファッションだと浮く可能性があるので、気になる方は控えるのが無難です。

中には日焼け防止のために全身を長袖長ズボンで覆っている人もいますが、基本的にはベトナムの女性も夏は薄着で過ごしています。

しかしミニスカートを履いている女性はあまりいないので、パンツスタイルが無難です。

民族衣装「アオザイ」

アオザイとはベトナムの民族衣装で、ベトナム人の正装でもあります。

「アオ」は上衣の一種で、「ザイ」は長いという意味です。

アオザイはエスニックな雰囲気の、丈の長いワンピースのような衣装でとても素敵です。

アオザイは公務員や企業の制服としても使われていて、ベトナムの街ではアオザイを着ている人がたくさんいます。

ベトナムでアオザイを着てみるのもおすすめです。

ベトナム服装

ベトナム旅行の季節ごとの服装

ベトナムは日本のように南北に長く伸びている国です。

沖縄と北海道ほど気候の差はありませんが、エリアによって乾季と雨」の時期が異なります。

年間を通して暑いですが冬は寒くなり、とくに冬のハノイの朝晩はかなり冷えます。

冬にベトナムを訪れる場合は、薄い上着は用意するようにしましょう。

ベトナム乾季の服装

ベトナム乾季の服装を、北部・中部・南部それぞれご紹介します。

ベトナム北部ハノイの服装(10月~12月・1月~4月)

ベトナム北部のハノイは10月~4月が乾季です。

ハノイの乾季は寒く、平均最高気温は19度〜27度、平均最低気温は14度〜22度になります。

日中は半袖で過ごせる日もありますが、長そでのパーカーやジャケットなど、羽織れる厚手の上着が必要です。

ベトナム中部ダナン・ホイアンの服装(2月~7月)

ベトナム中部のダナンやホイアンは2月~7月が乾季です。

ダナンやホイアンの乾季は暑く、平均最高気温は26度〜34度、平均最低気温は20度〜26度になります。

日本の夏と同じような服装で大丈夫です。

紫外線が強いので、日焼け止めや帽子などを用意して日焼け対策はしっかり行いましょう。

室内は冷房が効きすぎて寒い場合があるので、薄手の羽織れる上着を持って行くと安心です。

ベトナム南部ホーチミンの服装(11月~12月・1月~4月)

ベトナム南部のホーチミンは11月~4月が乾季です。

ホーチミンの乾季も暑く、平均最高気温は30度〜34度、平均最低気温は22度〜24度になります。

ダナンやホイアンと同じように、紫外線が強いので日焼け止めや帽子などを用意して日焼け対策をしっかり行いましょう。

日中は半袖で過ごせますが夕方以降は涼しくなることもあるので、長そでの薄い羽織れる上着を用意しておくのがおすすめです。

ベトナム雨季の服装

ベトナム雨季の服装を、北部・中部・南部それぞれご紹介します。

ベトナム北部ハノイの服装(5月~9月)

ベトナム北部のハノイは5月~9月が雨季です。

ハノイの雨季は暑く、平均最高気温は28度〜33度、平均最低気温は25度〜27度になります。

6月~8月の夏は気温が33度前後まで上がるので、半袖と短パンなど涼しい服装がおすすめです。

雨季なのでスコールが降りますが、スコールの後はかなりじめじめします。

服装は通気性の良いものや、乾きやすいものだとより快適に過ごせます。

ベトナム中部ダナン・ホイアンの服装(8月~12月・1月)

ベトナム中部のダナンやホイアンは8月~1月が雨季です。

ダナンやホイアンの雨季は暑く、平均最高気温は25度〜34度、平均最低気温は19度〜25度になります。

雨季は11月頃までは暑い日が続くので、半袖と短パンやワンピースで、羽織る上着を用意すれば大丈夫です。

8月まで乾季のような気候が少し続きますが、9月からはスコールが降り雨量がかなり増えます。

ベトナム南部ホーチミンの服装(5月~10月)

ベトナム南部のホーチミンは5月~10月が雨季です。

ホーチミンの雨季は暑く、平均最高気温は30度〜33度、平均最低気温は24度〜26度になります。

ベトナム南部は北部や中部に比べると、1年を通して気温の変化が少ないです。

そのため乾季と同じように雨季も半そでと短パンなどに羽織る上着という服装で大丈夫です。

まとめ

ベトナムは基本的に暑いですが、寒い時期や冷房の効いた室内など、上着が必要になることもあります。

寺院へ行く時には露出にも要注意です。

ベトナムへ行く際には、季節やシーンに合わせた服装で楽しく旅行しましょう。

また、ベトナム旅行される場合は必ずビザの確認と申請をしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *