ベトナムでチップは必要?場所ごとにベトナムのチップ事情・金額を徹底解説

ベトナム チップ

ここではベトナムでのチップ事情についてご紹介します。

日本はチップの習慣がない国なので、「海外へ行った時にチップの渡し方がよく分からないので不安」という人も多いと思います。

ベトナムでのチップの必要性や、実際にチップを渡す時の金額や支払い方についてホテル、レストランなどシチュエーションごとにご紹介していきます。

ベトナムでのチップについて知りたい人はぜひ参考にしてみてください。

チップとは?

まず最初に海外におけるチップとはどのようなものなのか説明していきます。

チップはその国によって捉え方が違っています。

特別良いサービスをしてもらった時にお礼の気持ちとして渡す他、チップは給料の一部として考えられている場合もあります。

心づけ

チップは日本人の感覚でいう「心づけ」のような意味もあります。

例えばレストランで何か特別なことをしてもらった場合や、特別良いサービスをしてもらった時に「ありがとう」の気持ちを込めてチップを手渡すというものです。

チップは給料の一部

アメリカなどの国では、チップは賃金の一部であるとみなされています。

チップは給与システムに組み込まれていて、ウエイトレス、ベルマン、ドアマンといった比較的チップを多く受け取る従業員はその分元の給料が低く設定されています。

つまりこのような従業員にとってチップは家計を支える主な収入源ということになります。逆にハウスキーピングのようなあまりチップがもらえない従業員の給料はその分高めに設定されています。

さらにお客さんと接することのないバックオフィスで働く従業員の給料は、チップがもらえない分インセンティブなど別の形で収入が用意されています。

このようにチップがもらえることを前提として、全体で不公平がないようにそれぞれの職種の給料が設計されています。

このように国によってはチップは給料のシステムにきっちりと組み込まれています。

そのような国ではチップを払わなかったり、相場よりもすごく低い金額だったりすると、「非常識だ」と思われてしまいます。

国やお店によってはお会計でチップが最初から加算されている料金が提示されることもあります。

その場合には追加してチップを支払う必要はありません。

各国に共通するチップのマナー

多くの国に共通しているチップのマナーをご紹介します。

チップは基本的に現金でそのまま渡すものなので、袋などに包んだりせずに、金額がわかるようにそのまま渡しましょう。

クレジットカードでチップを支払う場合は、サインする精算書に「Tip」や「Service Charge」といった欄が設けられているので、そこにチップとして渡したい金額を記載しましょう。

チップは基本お札で渡すので、硬貨はできるだけ避けましょう。

ですがユーロ圏などは紙幣の最小単位が5ユーロでチップとして渡すには額が大きいので、硬貨で渡しても大丈夫です。

最小単位のお札をポケットなどすぐ出せるようなところに何枚か入れておくと、さっとスマートに渡せるのでおすすめです。

渡す時には目を見ながら「ありがとう」と言って渡しましょう。

ベトナムでチップは渡すべき?

日本と同じように元々ベトナムにはチップの習慣はありません。

ですが欧米からベトナムへ訪れる外国人観光客が増えたことによって、最近では都市圏のマッサージスタッフやタクシードライバーを中心にチップを要求する人が増えています。

ベトナムでのチップはサービスに対しての「心づけ」として渡すものなので、サービスに満足できなかったという場合には渡す必要はありません。

うれしいサービスを受けた場合には、自分の気持ちに合わせた金額のチップを渡しましょう。

ベトナムでのチップの支払い方

ベトナム ショッピング

ベトナムでのチップの相場や支払い方について、ホテルやレストランなど場面ごとにご紹介していきます。

簡単に言うと、どのサービスも料金の5%くらいをチップとして支払えば良いと覚えておけば大丈夫です。

ホテル

ベトナムのホテルでチップを支払う場面は、荷物を運んでもらうポーターやベッドメイキングのスタッフにチップを渡す時などがあります。

ホテルのポーターに支払うチップの相場は、1万ドンから2万ドンくらいです。

「チップを払いたくない」という場合にはポーターのサービスを断るという方法もあります。

ベトナムのホテルに滞在している時は、ベッドメイキングしてもらっていても、チップを置かなければいけないということはありません。

気持ちの良いサービスを受けたと感じた場合には、2万ドンくらいのチップを渡しましょう。

渡し方は、ベッドのサイドテーブルなどにチップが見えるように置いておけばOKです。

ここでベッドメイキングのスタッフへ渡すチップについて覚えておきたいことがあります。

ベトナムの格安ホテルでは、旅行者が外出している時をねらって部屋に入ってバッグをあさり金品を盗むというケースがあります。

ですので「チップあげるから盗まないで」という意味を込めて渡しておくのがおすすめです。

4つ星以上のホテルであればこのような心配はありません。

レストラン

ベトナムのレストランでのチップについてですが、外国人向けのレストランではチップがあらかじめサービス料に含まれていることも多いので、ベトナムのレストランでは基本的にチップを支払う必要はありません。

ですが、お茶やおしぼりが有料であるレストランの場合は、2万ドン~5万ドンほどのチップを請求される場合が多くあるようです。

お会計にサービス料が入っていない時やうれしいサービスがあった時には、食事した料金の5%~10%くらいの金額をチップとして渡しましょう。

小銭などのおつりだけ渡すというのでも問題ありません。

マッサージ

マッサージやエステについてですが、高級エステの場合には料金に元々チップがサービス料として含まれているので、チップを支払う必要はありません。

マッサージを受けた場合にはお会計にサービス料が含まれているかレシートを見れば判断できます。

マッサージ料金にサービス料が含まれていない場合にチップを渡したいと思った時は、相場5万ドン~10万ドンくらいのチップを渡しましょう。

ベトナムの高級スパでサービスに特別満足した場合には、10万ドンくらいのチップを渡すというのが相場です。

ベトナムの格安マッサージ店では、マッサージが終わるとチップを渡すよう要求してくるマッサージ師もいます。

チップを支払いたくない場合には、チップを支払う必要があるかどうか入店する時に前もって受付で確認しておくとトラブルを防げます。

タクシー

基本的にはベトナムでタクシードライバーにチップを支払う必要はありません。

ベトナムでタクシードライバーにチップを支払うべきなのは、観光するために半日や1日タクシーをチャーターした場合です。

ベトナムでタクシーをチャーターした場合に支払うチップの相場は、タクシー料金の5%~10%くらいです。

ツアーガイド

ベトナムの観光で現地ツアーなどを利用した場合には、ツアーガイドに渡すチップがあります。

ベトナムの現地ツアーを利用する場合には、プライベートのチャーターガイドやドライバー付きで貸切のガイドである場合には、5万ドン~10万ドンくらいのチップを渡すと良いです。

ツアーガイドの中でも、団体向けの格安ツアーであれば基本的にチップを渡す必要はありません。

まとめ

ベトナムでのチップ事情について渡し方などをご紹介しました。

チップについての考え方は国によって異なりますが、日本と同じようにベトナムには元々はチップの習慣はありません。

ですが外国人観光客が増えたことで、チップを要求するケースが増えています。

サービスに満足できなかったという場合には渡す必要はありませんが、うれしいサービスを受けた場合にはお礼にチップを渡しましょう。

ベトナムに行こうと考えている人は、現地でチップのことで困らないよう、ぜひここでご紹介した内容を役立てていただけたらと思います。

ベトナムビザはお持ちですか?

ベトナムへの入国の際は、お持ちのパスポートの期限や、ベトナムでの滞在期間によってビザが必要になることがあります。

ビザがないと、せっかく予約した飛行機やホテルに関係なしに、空港のカウンターで止められたり、現地の関税で入国を拒否されたりする場合があります。

著者も実は家族苦い経験をしたことがあります。家族と一緒にベトナム・ダナンに旅行を計画しており、ホテルも、飛行機も予約ばっちりでした。

しかし私のパスポートの期限が迫っており、ベトナムにはビザが必要だったことに気づいたのは出発の前日、しかも土曜日なので何もできることはなし。結局空港のカウンターで搭乗ができないと伝えられ、旅行は台無し。家族に大変残念な思いをさせてしまいました。その時、すぐにベトナムビザが取得できるサービスがあったなら・・・

Visa-online.jpは、まさにそんなビザをすぐに必要とされている方、オンラインでビザを取得したい方々のためのサービスで。

完全オンラインで、パスポート原本を送る必要もなし。ベトナムビザならつうじょう2営業日、最短4時間で観光ビザ・マルチビザの取得が可能です。是非ご活用ください。

ベトナム ビザ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です