ベトナムで両替する方法|場所ごとに両替する方法やメリット・デメリットを紹介

ベトナムで両替できる場所は、空港や両替商など複数あります。

両替する場所によって為替レートが異なり、メリット・デメリットも異なっています。

そのため便利さやお得さなど、自分の都合に合わせて両替する方法を選ぶことが必要です。

このページでは、ベトナムでの両替について、場所ごとに両替方法やメリット・デメリットをご紹介します。

ぜひ観光旅行などでベトナムへ訪れる際の参考にしてみてください。

ベトナムの通貨は「ドン」

まずベトナムの通貨についてご説明します。

ベトナムの通貨の単位は「ドン(VND)」です。

「ドン」は値段表記の際に、金額の後ろに「d」で表記されていることもあります。

「ドン」が「k」で表記されることがありますが、「k」にゼロを3つつけると「ドン」になります。

たとえば「10k」の場合は「10万ドン」ということになります。

日本の「円」と比べてベトナムの「ドン」はゼロの数が異なるので、両替や買い物をする際には注意が必要です。

ベトナムでは使える場所は限られますが「USドル」も流通しています。

しかし買い物する際は「USドル」よりも「ドン」の方がレートは良いのでおすすめです。

ベトナムで両替できる場所と方法

ベトナム現地で両替できる場所は、空港・銀行・ホテル・両替商・ゴールドショップの5カ所です。

為替レートが異なり、メリット・デメリットも異なるので、それぞれご紹介します。

空港

ベトナムの空港にある両替所はすぐにドンを手に入れることができて便利です。

しかし空港は町中にある両替所に比べるとそこまで差はありませんがお得ではありません。

空港の到着ロビーの近くには、両替所がいくつかあり、旅行者がベトナムへ来て最初に目にする両替所となります。

空港にある両替所では、両替所によってレートに大きな差はないので、空いている両替所を利用すればOKです。

空港は町中にある両替所に比べるとお得ではありません。

しかしレートは銀行レートを基準に合わせられているので、手数料を上乗せされたとしても、そこまで町にある両替所より高くなるわけではありません。

しかし「お金を節約するために1ドンでもレートが良いところで両替したい」という人には、空港での両替は最低金額にして、あとは町で両替することをおすすめします。

タクシーで町の中心地まで行き、そこにある両替所を利用した方がお得です。

ハノイ、ホーチミンともに5000円も両替すればお釣りがきます。

銀行

ベトナムにある銀行はぼったくられる心配がなく安心はできますが、使い勝手が悪いです。

信頼度は高くほぼ100%安心でき、レートをぼったくられる心配がありません。

しかし銀行で両替する際、パスポートの提示を求められることがあります。

パスポートの提示を求められてパスポートをホテルに預けている場合は両替できません。

銀行は現地人で混み合っているのでせっかく観光に来たのに、待たされる分時間が無駄になってしまいます。

民間の両替商はこの銀行レートを基準に考えているので、レートは良くもなく悪くもありません。

ホテル

ベトナムのホテルは大金を両替しても安全ですが、手数料が他より高くつきます。

ホテル内で両替する場合は、強盗に遭う可能性が低く安全です。

大金を両替したら、強盗に遭う可能性があるので、怪しい人物がいないか周囲を気にしなければなりません。

ホテルで両替すれば、両替した後に一旦部屋に戻って、セーフティーボックスにお金を預けることができます。

大金を両替する場合におすすめです。

ぼったくりの面でもホテルは銀行の次に安心できる両替場所です。

ぼったくりはありませんが、手数料が他より高くつきます。

両替後にレシートを渡されますが、手数料として引かれている場合もあれば、レートに上乗せされている場合もあります。

フロントの電光掲示板でレートが表示されているホテルもあるのでチェックしましょう。

両替商

ベトナムの両替商のレートは、その両替商によってそれぞれ異なります。

民間の両替商では「マネーエクスチェンジャー」や「マネーチェンジャー」という看板が掲示されています。

レートは両替商によって異なります。

近年の円安により、両替商の中には日本円を欲しがらない両替商もあります。

日本円を欲しがらない両替商では、わざとレートを悪くして日本円を引き取らないようにしていることがあり、あからさまにレートが異なる店もあるので注意しましょう。

両替商はハノイやホーチミンの町中に多く、特にホーチミンのドンコイエリアにたくさん並んでいます。

徒歩圏内に数軒あるので、最もレートの良い店を見つけましょう。

チップは必要ありません。

ゴールドショップ

ベトナムのゴールドショップは儲かっている店ほどレートが良いのでおすすめです。

「ゴールドショップ」はその名の通り、お金を売っている店です。

ハノイの市街地や、ホーチミンのベンタイン市場にあります。

ゴールドショップは儲かっている店ほどレートが良く、利率は両替商以上です。

ベトナム現地の在住者は良質なレートで提供してくれるゴールドショップを知っているので、良質なレートのゴールドショップをネットで調べてみることをおすすめします。

儲かっているところはかなりレートが良く、旅行者にとっては穴場の両替所です。

「ゴールドショップでも両替できるの?」と思うかもしれませんが、ゴールドショップでも両替できます。

頻繁に東南アジアへ旅行する人の間では定番で、ベトナム人の間では「両替商と言えばゴールドショップ」というくらい定番です。

ベトナムで両替の交渉はできるのか

実はベトナムでは両替する時にレートの交渉もできます。

主に両替商とゴールドショップで交渉することが可能で、最初にいくら両替するかを伝え、電卓を使って交渉しましょう。

小額では交渉の余地がないので、基本的には5万円、10万円になります。

まとめ

ベトナムで両替できる場所には、空港・銀行・ホテル・両替商・ゴールドショップの5カ所があります。

両替する場所によって為替レートやメリット・デメリットは様々です。

便利さやお得さなどを考えて、最も自分に都合の良い方法で両替しましょう。

VISA申請はVISA.onlineにおまかせください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *