ベトナムで使用できるコンセントや電圧は?スマホなど機器ごとに解説

ベトナムへ旅行する際にはスマホの充電やドライヤーの使用など、日本の機器が使えるのか気になると思います。

このページでは、ベトナムで使用できるコンセントの種類や電圧についてご紹介します。

どの機器が使えるのか、スマホやドライヤーなど機器ごとに解説するので参考にしてみてください。

ベトナムのコンセントには日本のプラグが使用できる

ベトナムのコンセントには日本のプラグがそのまま使用できます。

ベトナムでは日本のAタイプのコンセントがそのまま使える場所がほとんどで、スマホの充電などが可能です。

そのためベトナムで日本のプラグを使用するために変換プラグを購入する必要はありません。

日本のプラグは四角い長方形のピンが2本あるAタイプ1種類のみですが、これに対してベトナムには複数の種類があります。

ベトナムでは日本と同じAタイプと丸いピンが2本あるCタイプが最も多く使われています。

その他まれにピンが少し太めのタイプやピンが3本あるタイプもあります。

これらのベトナムのコンセントには、日本のAタイプのプラグも使うことができるので安心です。

変換プラグの購入

変換プラグとは電化製品のプラグ先に取り付けて使う機器です。

ベトナムでは日本のAタイプが使えるので購入しなくても大丈夫ですが、心配な方は事前に日本で購入しておきましょう。

ベトナム旅行であればCタイプもしくはマルチタイプの変換プラグを購入することになります。

マルチタイプであれば海外旅行でどの国でも使えるので便利ですが、価格が高めです。

お得に買いたい場合は、Cタイプをダイソーなどの100均で購入することをおすすめします。

変換プラグは日本の空港にも売っているので、忘れてしまった場合は出発当日に買うことも可能です。

ベトナムのコンセントは電圧に注意

ベトナムのコンセントには日本のプラグが使用できますが、ベトナムと日本では電圧が異なるので、変圧器が必要になる場合があります。

日本の電圧は100V(ボルト)ですが、これに対してベトナムの電圧は220Vです。

日本の製品をそのまま差し込むと、故障する他、火事や感電につながることもあるのです。

電圧が異なる製品を使用する際に必要になるのが変圧器です。

「100V~240V」と記載されているものであれば、変圧器は必要ありません。

しかし「100V」のみ記載されているものを使用するためには変圧器が必要です。

消費電力(ワット数)が大きい場合は、対応電力が大きめの変圧器を使用しなければなりません。

アダプターがあれば大丈夫

パソコンやデジカメなどを日本で購入すると、黒いアダプターが付属でついてきます。

アダプターは本体と電源コンセントの間で電圧を調整します。

日本は100Vなのに対してベトナムの電圧は220Vですが、アダプターはこの電圧の差を埋め合わせることが可能です。

ドライヤーなどの電気コードにはアダプターがついていないので、そのまま使用すると壊れてしまいます。

変圧器は日本で購入

ドライヤーなど日本の100V対応の機器を使いたい場合は、変圧器の購入が必要です。

しかしベトナム現地で売っている変圧器は重いことがあり、製品によっては対応していない場合もあります。

日本の機器を使いたい場合は、その製品に対応している携帯変圧器を事前に日本で購入しておきましょう。

どの機器がベトナムで使えるのか

それぞれの機器に対応している電圧に気を付けて使用しましょう。

基本的に熱を発する製品は、日本のものは使わないのがおすすめです。

具体的にベトナムではどんな機器が使えるのか、機器ごとにそれぞれご紹介していきます。

スマホ

アンドロイド系のスマホやiPhoneともに、充電器は100V~240V対応のものが主流になっています。

スマホはほとんどの機種が100V~240Vに対応しているので、スマホを充電するのに変圧器は必要ありません。

コンセントにそのままプラグを差し込むだけで充電できます。

しかし日本で製造された古いタイプの携帯電話などは、念のため説明書やアダプターに記載されている対応電圧を確認しましょう。

パソコンやタブレット

日本で使っているパソコンやタブレットの電源もたいてい「100V~240V」と記載されているので、変圧器は不要です。

コンセントにそのままプラグを差し込むだけで充電できます。

デジカメ

デジカメもほとんどの機種が100V~240Vに対応しているので、変圧器は必要ありません。

コンセントにそのままプラグを差し込むだけで充電可能です。

ドライヤーやヘアアイロン

日本のドライヤーやヘアアイロンをベトナムで使用することは難しいです。

ドライヤーやヘアアイロンを使用するには、消費電力の2倍~3倍に対応している大型の変圧器が必要になります。

ほとんどの場合、旅行用の小型の変圧器では使用できません。

対応策は下記の通りです。

ベトナム現地のホテルにあるものを使う

ベトナム現地のホテルに備え付けられているものを使うことができます。

ベトナムでは格安ホテルであっても洗面所にドライヤーが設置されているところが多くあります。

お部屋にない場合も、フロントに伝えると貸してくれるというホテルがほとんどです。

240Vまで対応しているものを購入する

海外製のものなど100V~240Vに対応しているドライヤーやストレートアイロンであれば使用できます。

どうしても使用したいタイプがあれば、海外対応のものを1つ買っておくと良いです。

海外製の240Vまで対応するドライヤーやストレートアイロンがあると、ベトナムの他どの国へ行っても私用できて便利です。

ヘアアイロンは小さいものであればベトナム現地でも1000円くらいで購入可能です。

真ん中の切り替えスイッチで100 V~120Vと200 V~240Vの切り替えが簡単にできる商品もあります。

まとめ

このページでは、ベトナムで使用できるコンセントの種類や電圧、使用できる機器についてご紹介しました。

ベトナムのコンセントには日本のプラグが使用できますが、ベトナムと日本では電圧が異なるので電圧には要注意です。

ベトナムへ旅行する際には、機器の電圧を確認し、必要に応じて変圧器を購入して、旅行先のベトナム現地で困ることがないようしっかりと準備しておきましょう。

VISA申請はVISA.onlineにおまかせください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *