ビザ取得代行サービスの仕組みや利用するメリットの解説

出張などで外国へ行く場合、国によってはビザが必要になります。

そこで便利なのがビザ申請を代行してもらえる代行サービスです。

この記事では「ビザを取得したい」という人、「ビザ申請の代行サービスはどんなサービスなのか知りたい」という人に向けて、ビザ申請の代行サービスについてご説明します。

代行サービスの仕組みや利用するメリットについて詳しく解説するので、ビザを取得する人は参考にどうぞ。

ビザ申請代行サービスとは?

ビザ申請代行サービスとは、業者にビザの申請を代行してもらえるというサービスです。

出張などで外国へ行く場合には、国によってビザを取得する必要があります。

ビザの申請では複雑な手続きをしなければなりませんが、それを代行サービスに任せることができます。

代行できることには以下のようなものがあります。

  • 書類の作成
  • 入国管理局への申請
  • 証明書の代理受理

ビザ申請代行サービスのメリット

ビザ申請代行サービスを利用すると、取得を間違える可能性も減り、時間短縮にもなります。

ビザ申請代行サービスによって得られるメリットをご紹介します。

手続きを間違えずに済む

ビザ申請代行サービスでは、各国ごとのエキスパート達がビザの申請を代行してくれます。

そのため、自分だけで申請する場合と違って手続きを間違えずに済むので安心です。

ビザ申請の手続きは複雑で、国ごとに必要な情報や資料も異なります。

そのため自分だけで申請するとなると手続きを間違えてしまう可能性があり、せっかく申請したビザが 「不許可」となってしまうことになりかねません。

ビザ申請を代行サービスに依頼すると、ビザの書類作成から受理まで手続きを代行して進めてくれます。

英文での申請書作成の代行、各種証明書のチェック、証明書の翻訳、面接予約などをしてもらうことも可能です。

代行サービスに依頼することで、失敗することなく確実にビザを取得することができます。

手間が減り時間短縮になる

代行サービスに依頼すると書類作成から受理まで代わりに手続きをしてもらえるので、手間を減らすことができます。

手間が減ることで時間短縮にもなります。

業務が効率化できる

出張などで外国人の社員が他の国で働く場合には、就労ビザを取得する必要がありますが、このような場合には業務の効率化にもつながります。

代行サービスを利用することでビザの申請に時間を割かなくて済むので、その分社員の研修や業務など時間を使うことができます。

アフターサポートも受けられる

代行サービスに依頼すると、ビザを発行した後もアフターサポートを受けられることがあります。

ビザ発行以外のアフターサポートには以下のようなものがあります。

  • ビザについての説明
  • 在留カードの登録
  • 携帯電話の契約

ビザ発行以外の海外生活に関する悩み事も解決できます。

申請後に気になることを質問して答えてもらえたり、ビザについての詳しい説明を受けることもできます。

申請したビザの期限が切れた際のビザの更新手続きや、家族が海外で一緒に同居することになった場合の家族用ビザの代行サポートなどの依頼も可能です。

英語など言語の心配もなし

ビザ申請を代行サービスに依頼すれば英語など言語の心配も必要ありません。

ビザを申請する場合には「言語の壁」が問題になります。

ビザ申請では英語で申請書を作成して提出しなければなりません。

追加資料や翻訳文書を用意しなければならない場合もあります。

ビザ申請を代行サービスに依頼すれば、英文での申請書作成などを代行してもらえます。

英語に不安がある人も、言語の壁を感じることなくビザを申請できるので安心です。

旅行

ビザ申請代行サービスの注意点

ビザ申請代行サービスを利用する場合に気を付けたい注意点についてもご紹介します。

代行費用がかかる

ビザの申請を代行サービスに依頼するには代行費用がかかります。

代行サービスにかかる費用の相場は平均8万~10万円で、プランごとにも異なります。

ビザを申請する国や申請する人によっては代行サービスに依頼しなくても個人でできる場合もあります。

そのため本当に代行サービスに依頼する必要があるのか検討しましょう。

代行サービスに依頼したいけどなるべく費用をおさえたいという場合には、代行サービス業者やプランをいくつか検討しましょう。

プランには「書類のチェックのみ」や「申請手続きをすべて代行」など種類があり、サポートの範囲によって費用が異なります。

代行サービスを利用しても不許可になることもある

代行サービスは、ビザの取得を保証するというものではありません。

代行サービスに依頼すれば必ずビザを取得できるというわけではないのです。

代行サービスに依頼しても、何らかの理由でビザが不許可になることもあります。

代行サービスの中には再申請に対応しているものもあります。

万が一のことを考えて、最後までサポートを受けることができる代行サービスを選ぶことをおすすめします。

ビザの更新手続きが必要

ビザは発行した後も更新する必要があります。

ビザの更新を忘れてしまうことが多く、ビザの更新を忘れてしまった場合は「不法滞在」として強制送還となってしまいます。

そのため申請して終わりではなく、ビザの有効期限を管理して忘れずに更新しなければなりません。

代行サービスでは、ビザの更新期限を通知してもらえるサービスがあります。

このようなサービスを利用すれば、ビザの更新を忘れることがないので安心です。

代行サービス「visa-online.jp」の利用方法

ビザ申請の代行サービスの一つ「visa-online.jp」の利用方法をご紹介します。

visa-online.jpを利用してビザを申請する手順を以下にご紹介します。

1.     申請する

ビザの申請に必要な氏名やパスポート番号などの個人情報をサイトに入力します。

2.     支払い

ビザの料金と代行にかかる手数料をオンラインで支払います。

3.     ビザを受け取る

ビザをメールで受け取って、自宅やコンビニで印刷しましょう。

4.     外国へ出発

印刷したビザとパスポートを持って、外国へ出発します。

まとめ

この記事ではビザ申請の代行サービスについて、メリットや利用方法をご説明しました。

出張などで外国へ行く場合、国によってはビザを取得する必要があります。

代行サービスを利用するとビザ申請を代行してもらえるので、失敗するリスクが減り、手間や時間の短縮にもなります。

ビザを確実に取得したいという人は、ぜひ代行サービスの利用をご検討ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です