ベトナムで加速するビジネス|ベトナムの金融市場

目次

ベトナム

金&ビットコイン

多くの投資家は、現在の社会情勢によって不確実性を感じ神経質になっています。恐ろしいニュースや変わり続ける地球環境は、2020年の市場全体にボラティリティを引き起こしました。

しかし、過去12か月の間に値上がりしたものもあり、ゴールドとビットコインがそのリストのトップになっています。

ビットコイン

ほとんどの真剣な投資家は、過去5年間にビットコインを検討してきましたが、2020年には、すべての適切な理由で注目を集めました。

2020年1月10日、www.statista.com/statistics/326707/bitcoin-price-index/ の統計によると、1ビットコインの価値は9,545.08ドルに達していました。12ヶ月後には、同じ仮想通貨が40,000ドルの壁を突破しようとしています。

ビットコインが現在急上昇している理由にはいくつかの要因があります。大きな要因は、ビットコインを取り巻く汚名が徐々に薄れ始めていることです。資産運用会社や大手金融機関の注目を集め始めています。PayPal(ペイパル)も先日、新規ビットコインの70%を取得し、投資家たちに暗号通貨の未来への大きな自信を与えています。また、ビットコインでの取引は、暗号通貨と外国為替市場の両方で利用可能な様々なノックアウト・オプションのおかげで、ますます人気が高まっています。

もう一つの要因は、供給量が限られていて、どのくらいの量が存在するのか確かめることができない金などの貴金属のように価値のある資産とされているものが多いことです。ビットコインは、現在存在するビットコインの数だけでなく、将来的に発行するビットコインの数もコードに記載されている点で差別化されています。この地球上で唯一、供給量が固定されていることを証明できる資産のひとつです。

公的および私的の両方のさまざまな機関が、現金を保有する代わりにビットコインを蓄積してきました。このような投資は、投資家の間で、資産がインフレに対する優れたヘッジになるだけでなく、長期にわたって堅調に上昇するという強い信頼感を示唆しています。

https://news.bitcoin.com/bitcoins-march-100k-crypto-experts-price-per-btc-touches-six-digits/ の予測によると、ビットコインは2021年末までに1コイン10万ドルのピークを迎える可能性があるとのことです。他の人は懐疑的です。可能だからといって、そうすべきとは限らないことを忘れないでください。

金は2020年に激動のスタートを切った後、史上最高値で終えました。しかし、果たして金価格は2021年も上昇し続けるのでしょうか?

生活費が上昇すれば、金価格は通常、その軌道に沿って上昇します。2020年の先進国は、2021年初頭まで予想されるインフレ率が適度に安定しており、低水準であることを示した。しかし、分析家の予測では、インフレ率はリバウンドし、金価格は年の半ばまでに上昇し始めると予想されています。

金の価値を左右する最も重要な要素のひとつは、米ドルとの関係です。最近のアメリカの選挙や、前大統領をめぐる論争は、金の価値に好影響を与えています。バイデン大統領の政策である量的緩和策を優先させることで、ドルの価値はさらに下がると予想されており、金の長期的な上昇が今年を通して損なわれないことを意味します

まとめ あなたがビットコイン、もしくは金を検討しているかにかかわらず、どちらにとっても2020年は代え難い刺激的な年でしたが、2021年はそれを上回りました。ビットコインは確かに年間を通じて大きな利益を得るための最善の策であるように見えますが、金の寿命と歴史的価値があるからこそ、無名の存在から脱却できるのです。

Share on whatsapp
WhatsApp
Share on facebook
Facebook
Share on email
Email
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn

最新のブログ記事

各国ごとの記事